磁性粉末

特長

・水アトマイズ法により D50=2~10μm の微細な粒度を実現
・SWAP®法により高いアモルファス形成能を実現
・結晶系からアモルファス系まで各種組成に対応
・絶縁処理粉末も対応可能

粉末特性

鋼種 粒度 D50
[μm]
TD
[g/cm3]
熱処理
(H/T)
O
[ppm]
Hc
[Oe]
Mm
[emu/g]
真比重
[g/cm3]
結晶系 Fe-3.5%Si PF-10F 6 3.9 - 6600 10.2 205 7.6
PF-20F 11 4.3 - 4300 10.3 205
-75μm 40 - - 2800 8.0 205
Fe-3.5%Si-4.5Cr PF-20F 11 4.3 - 2500 14.2 190 7.6
800℃ 1600 10.3 190
Fe-50%Ni PF-20F 10 4.5 - 1800 12.8 155 8.2
800℃ 1100 3.1 155
Fe-Si-Al
(SENDUST)
PF-20F 10 4.0 - 3500 4.0 110 7.1
800℃ 3600 2.0 110
アモルファス系 AW2-08 PF-20F 11 4.4 - 1600 1.6 150 7.0
500℃ 1600 0.7 150
KUAMET®6B2
(SWAP®)
-150μm 50 - - 300 1.2 150
500℃ - 0.5 150

※KUAMET®∗およびSWAP®は当社の登録商標です。

粉末外観

Fe-3.5%Si-4.5%Cr AW2-08 SWAP

Amorphous Cores
a)Amorphous Cores
SMD Cores
b)SMD Cores
用途例
 パワーインダクタ
 チョークコイル
 SMD コイル
 リアクトル
 プリンターヨーク
 シールド材

代表組成

・Fe-Si ・Fe-Si-Cr ・Fe-Si-Al ・Fe-Cr ・Fe-Ni ・Fe-Co
・Fe Base Amorphous ・Co Base Amorphous

磁気特性

Permeability Core Loss

鉄損

鉄損 鉄損

絶縁処理粉末

磁性粉末への絶縁処理状態 絶縁処理粉末