造粒粉末

特長

・超微粉末をプレス成形可能
・MIM工法と同等以上の高焼結密度化
・安定した高い流動性
・難プレス加工材料へ適用可能

一般粉末冶金 MIM
Granulated
Powder
-100
mesh
MIM
Powder
① トータルコスト 2 3 1
② 収縮率 2 3 1
③ 形状の自由度 2 1 3
④ 焼結密度 3 1 3
⑤ 強度 3 1 3
⑥ 材質の自由度 3 1 3
granulated

代表特性

鋼種 粒度 原料粉末特性 造粒粉末特性 成形体特性 焼結体特性
D50
(μm)
D50
(μm)
AD
(g/cm3)
FR
(sec./50g)
成形密度※1
(%)
圧環強度※2
(MPa)
焼結温度
(℃)
焼結密度
(%)
収縮率
(%)
316L SC1308 7.0 70 2 27 79.6 7.5 1250 97.7 6.6
HK-30 SC1008 6.1 73.0 7.6 1280 97.9 8.9
SC2008 9.7 74.7 6.5 1300 98.0 8.2
SKD-11 SC2008 10.3 71.9 5.6 1230 99.3 10.6

※1:Compact Pressure:6t/cm2(588MPa)
※2:Measured according to 「JIS Z 2507」

粉末外観

Original Powder HK-30 PF-10F → Granulated Powder HK-30 SC1008

316L 焼結密度と断面組織

316L 焼結密度と断面組織

応用例

マイクロギア
※マイクロギア