MIMの特長

特長

・チタン、パーメンジュール等の難加工材をはじめ、あらゆる材質に対応可能
・プラスチック射出成形と同様の形状を製造可能
・高密度化により、溶製材並みの高い特性を実現
・大量生産により低価格化を実現

他の加工方法との比較

量産性、MIM 5、ダイカスト 5、機械加工 2、ロストワックス/精密鋳造 2、金属プレス 5
材料の自由度、MIM 5、ダイカスト 1、機械加工 4、ロストワックス/精密鋳造 5、金属プレス 3
形状自由度、MIM 4、ダイカスト 4、機械加工 3、ロストワックス/精密鋳造 5、金属プレス 3
寸法精度、MIM 4、ダイカスト 3、機械加工 5、ロストワックス/精密鋳造 3、金属プレス 3
機械的強度、MIM 4、ダイカスト 3、機械加工 5、ロストワックス/精密鋳造 4、金属プレス 4