金属粉末って何?

メッセージ

 金属粉末事業では、「次世代の製品開発に、先進の金属粉末を!」をコンセプトとし、当社独自の製造技術をもとに、お客様の事業にした様々な粉末材料を開発・提供させて頂いております。

金属粉末とは?

 身近にある金属やステンレスなどを粉状にしたものの事をいい、現在は世界中で様々な金属粉末が開発・製造されております。

主な使用用途

 この金属粉末は、主に粉末冶金(“ふんまつやきん”と呼ばれる、金属の粉末を金型に入れて圧縮して固め、高温で焼き固めて精度の高い部品をつくる技術)の原料として使用されており自動車や医療、エレクトロニクス、情報機器など日常生活には欠かせない製品に使用されております。

弊社の特長

 金属粉末の製造方法には大きく分けて溶融プロセス法、機械的プロセス法、化学的プロセス法の3つがありますが、同じ金属を粉末状にした場合でも特徴が異なるなど、それぞれに独自の特徴があります。
 当社の金属粉末は、溶融プロセス法の一つである、「水アトマイズ法(溶けた金属に高圧の水を噴霧して製造する方法)」で製造しており、数マイクロメートル(1㎜の1000分の1)の微細粉末は自動車、医療、電子部品など幅広い用途に活用されております。 また、当社は他社に先駆け「SWAP法(Spinning Water Atomization Process)」と呼ばれる独自の方法によりアモルファス合金粉末の量産化に成功し、「低消費電力・小型化・高周波・大電流対応」などの性能を向上させる高機能材料粉末として注目を集めております。

参考
粉末現場 水アトマイズ粉末形状 アモルファス合金粉末
現場 1 水アトマイズ粉末形状 アモルファス合金粉末

金属粉末メインページ